AGAが男性に多い理由

AGAなる当初は見慣れぬ耳慣れぬ三文字も、世間的にすっかり周知された感が確認されます。
テレビスポットや街中のポスターなど、少し意識して見れば随所に配信掲出されているAGAですが、それらをよく確かめると、ある共通した事実に気づかれる事でしょう。
それは一連の告知のモデルが軒並み「男性」という興味深い事実です。

AGAを日本語に置き換えると「男性型脱毛症」と一般的に表現され、成人男性に多く見られる抜け毛の症状を指しています。
その原因は遺伝や体内の男性ホルモンのバランスなどが代表的で、とりわけ後者が主たる原因の場合、日常生活に改善点が発見されるケースが数え切れません。

私達の髪の健康状態は体内のホルモンバランスと密接な関係が確認されています。
たとえば一定年齢以上の女性の薄毛の原因としては、体内で製造される女性ホルモンの減少とその働きの弱体化が髪の元気を損ねてしまう「流れ」が見逃せません。
これは結果、健全な状態と比較して女性の体内にも存在する男性ホルモンが「過多」となってしまっている状態を示しています。
男性のもAGA同じく男性ホルモン過多が主たる原因であり、食生活や精神面のバランスなど、ホルモンバランスが崩れた原因を突き止めるところから改善に着手せねばなりません。

日々の仕事や人間関係が運び続けるストレス、不規則な食生活や睡眠時間、頭から離れられないイライラや悩みなど、いずれも男性ホルモンの働きを異常にしてしまう悪しき作用を招く要因です。
AGAが成人男性に多く見られる理由が、こうした複雑な現状の中に潜んでいるのです。

Copyright © 2014 AGAは他人事ではない All Rights Reserved.